SiO2表面処理ロゴ
ポリシラザンシリカコーティング
  (PHPS)
■製品概要 -PHPSについて-
■PHPSの硬化メカニズム
■シリカ膜の密着性と構造
■シリカ膜の性能と特性
■製品・施工解説
■PHPS応用例
■PHPS施工例
アドバンストクォーツ
  ボディガラスコーティング
■親水と撥水
■コーティング剤の比較(1)
■コーティング剤の比較(2)
■ボディコーティングについて
■施工実例と効果
■バイクコーティング
施工・取扱い・ご購入案内
QGC-SHOP
■ホイールコーティングセット
お問い合わせ
会社
Polysilazane/AQUAMICA
Advanced-Quartz
Glasscoating Dealer
QGC-TOKYO
Exousia Inc.
■■■ TOP PAGE ■■■
* * * * * 防汚コーティング・ハードコーティング等の用途に、あらゆる分野での使用が可能なコーティング剤です。表面処理・表面加工でお悩みの方はぜひ1度お問い合わせ下さい! 常温で完全無機の石英ガラス(SiO2)膜に転化するポリシラザンシリカコーティング、アクアミカのことならクラリアントジャパン販売代理店/オアシス販売代理店のQGC東京へ * * * * *
PHPS ポリシラザンシリカコーティングの基礎知識





















Si-n(珪素-窒素)結合を持つ化合物をシラザンと呼びます。ポリシラザン<Polysilazane>は-(SiH2NH)-
を基本ユニットとする有機溶剤に可溶な無機ポリマーで、パーヒドロポリシラザン(PHPS=側鎖全部が
水素のポリシラザンが正確な物質名です。
PHPSの有機溶媒溶液を塗布液として用い、大気中または水蒸気含有雰囲気で焼成することにより、
水分や酸素と反応し、450℃程度で緻密な高純度シリカ(アモルファスSiO2)膜が得られます。
この特性を生かし、塗布型の高純度シリカコーティング材として実用化されました。また脱水素、酸化
触媒であるPd化合物を添加することによって、シリカへの転化温度(セラミック化の温度)を250℃程度
にまで低減することが可能です。
石英化させるための焼成温度は、一般的に低ければ低いほど良い訳ですが(取り扱いや加工が容易
になり幅広い基材に施工ができます)、現在では水分との反応を促進させるアミン系触媒を少量添加
することによって、室温で高純度シリカ膜に転化することができるようになりました。
これら低温硬化技術の開発により、半導体用層間平坦化膜としてスタートしたPHPSの用途は、液晶
などのガラス、金属、樹脂、フィルム、木材、石材、塗装面など基材の制約を受けずにあらゆる分野へ
と広がっています

パーヒドロポリシラザンは、<Si-H、N-H、Si-N>結合のみから構成される完全無機なポリマーです。
OH(水酸基)を持つ物質と反応し加水分解されるため、水やアルコール系溶媒は使用できません。
ケトンやエステル類など水を溶解する溶媒も好ましくありません。したがって、現在用いられている溶媒
は主にキシレン、ミネラルターペン、高沸点芳香族系溶媒などで、基材とのマッチングや用途、目的、
施工環境等により最適な溶媒を選択できます。

ポリシラザンを応用したシリカコーティングの歴史は1980年代からの研究の蓄積によるものです。これま
で国内外の特許約150件を出願、70件余りを取得し(※1)、1991年に科学技術長官賞、1999年に
は第45回大河内記念生産賞(※2)を受賞しています。

※1 2001年7月現在。
※2 (財)理化学研究所所長を25年間努められた大河内正敏博士の功績を記念して昭和30年から毎年贈呈され、
   生産賞は事業体を対象に生産工学、高度生産方式等の研究により得られた優れた発明または考案に基づく
   産業上の顕著な業績に対し贈られます。
ポリシラザン・シリカコーティングの特長

○常温で緻密なシリカ膜へ転化 ・・・約2〜3週間で比重約2.0の高純度シリカへ。
○親水性 ・・・対水接触角約10°(最大/シリカ転化時。基材材質、硬化方法等によって異なります)。
○高硬度・高耐熱性・高耐久性 ・・・鉛筆高度最大9H以上、耐熱温度1,000℃以上。
○弱溶剤系 ・・・基材へのダメージがほとんどありません。
○1液タイプ ・・・簡便。
○無色透明 ・・・基板・下地の素材感を損ないません。
○多機能 ・・・膜厚・膜質により様々な機能を持たせることが可能。
 →防汚、プライマー、酸化防止、防食、耐傷等。

ポリシラザン・シリカコーティングの用途

○防汚コーティング
○プライマー
○酸化防止コーティング
○防食コーティング
○ガスバリア性
○ハードコーティング
○電気絶縁性
○・・・

本サイトに掲載されている画像・文章・データ等は(有)エクスシアに著作権があります。
理由の如何に拘らず、無断転写・転載・複写・複製等は固くお断りします。
Copyright 2002 Exousia Inc. All Rights Reserved.
QGC