Automobile & Motorcycle
アドバンストクオーツ
アドバンストクオーツ
親水と撥水
コーティング剤の比較(1)
コーティング剤の比較(2)
ボディコーティング
施工実例と効果
バイクコーティング
商品取扱いのご案内
QGC-SHOP
ホイールコーティング
お問い合わせ
トップページ
Body & parts Glass coating
アドバンストクオーツ・ボディガラスコーティング -防汚性能の比較-
5種類のボディコーティング剤を加工した白色塗装板にカーボンパウダーによる汚れを付着させ、コーティング剤加工をおこなっていない塗装板も含めて防汚性能を比較。
コーティング未処理
アークバリア ブリス
G'zox 6644G(グラスシーラント)
アドバンストクオーツ
★試験概要
*試験板の洗浄・脱脂をおこない、コーティング剤を各指定方法に従って加工。
*硬化を促進させるため、80℃で1時間加熱。
*各加工面にカーボンを塗布(3M社ドライガイドコート+バックアップパッド)。

★判定
*コーティングをおこなっていないテスト板には、カーボン(黒色)が付着している。
*アドバンストクオーツを除く各テスト板には、カーボンが塗装面に付着している。
*アドバンストクオーツのテスト板は、カーボンがほとんど残ることなく塗膜本来の白色が現れている。

★結論
各コーティング剤の防汚性能はアドバンストクオーツに比べ著しく劣り、コーティングを加工していないものとほとんど変わっていないことが分かる。すなわち、防汚効果に関する限り、コーティングをしてもしなくてもあまり変わらない、ということが言える。
この結果は、アドバンストクオーツ以外の各コーティング剤がガラスなどの無機材料ではなく、メチルシロキサン(=シリコーン樹脂)で構成されており、塗装を構成する樹脂と広い意味では同種の有機材料であることに起因していると考えられる。
Copyright Exousia Inc. 2007
*アドバンストクオーツは、PHPS自動車用最上級タイプ(QGCオリジナル)を使用したコーティングブランド名です。

本サイトに掲載されている画像・文章・データ等は(有)エクスシアに著作権があります。
理由の如何に拘らず、無断転写・転載・複写・複製等は固くお断りします。
Copyright 2002 Exousia Inc. All Rights Reserved.
QGC(TM)


PHPS ポリシラザンシリカコーティング
製品概要 -PHPSについて- PHPSの硬化メカニズム シリカ膜の密着性と構造 シリカ膜の性能と特性 製品・施工解説 PHPS応用例 PHPS施工例