ポリシラザンシリカコーティング
  (PHPS)
■製品概要 -PHPSについて-
■PHPSの硬化メカニズム
■シリカ膜の密着性と構造
■シリカ膜の性能と特性
■製品・施工解説
■PHPS応用例
■PHPS施工例
アドバンストクオーツ
  ボディガラスコーティング
■親水と撥水
■コーティング剤の比較(1)
■コーティング剤の比較(2)
■ボディコーティングについて
■施工実例と効果
■バイクコーティング
施工・取扱い・ご購入案内
QGC-SHOP
■ホイールコーティングセット
お問い合わせ
会社
Polysilazane/AQUAMICA
Advanced-Quartz
Glasscoating Dealer
QGC-TOKYO
Exousia Inc.
■■■ TOP PAGE ■■■
* * * * * 防汚コーティング・ハードコーティング等の用途に、あらゆる分野での使用が可能なコーティング剤です。表面処理・表面加工でお悩みの方はぜひ1度お問い合わせ下さい! 常温で完全無機の石英ガラス(SiO2)膜に転化するポリシラザンシリカコーティング、アクアミカ、トレスマイルのことならAZ-EM/サンワ化学/オアシス販売代理店のQGC東京へ * * * * *
ポリシラザンの性能と特性
表面硬度
ナノインデンテーション法による薄膜の硬度測定データ
コーティング材料 硬化条件 弾性率(GPa) 硬度(GPa)
ポリシラザン(PHPS) 室温×1ヶ月 33 3.2
ポリシラザン(PHPS) 900℃×30分 74 9.4
ガラス - 80 8.1
A社ガラスコート剤 室温×1ヶ月 3.5 0.2
シリコーンハードコート - 4 0.8
アクリルハードコート - 5 0.4
ポリカーボネート - 3 0.3

ポリシラザン最大の特徴である防汚性能は、
それの持つ表面硬度に起因しています。
自動車ボディに付く水垢のように、軟らかい
塗装表面には汚れが中に入って取れなくな
ります。PHPSによる薄いSiO2の膜が、これを
プロテクトします。この裏付けとなるデータが
左の表です。これは、1ミクロン程度の薄膜
の本質的な硬さと弾性率を測定することの
できるナノインデンターという特殊な装置に
よるデータです。()
高温焼成されたPHPSはソーダガラス以上の
硬さを示し、常温で硬化させたものでもガラ
スの半分程度の硬さにまで達しており、既存
のハードコート材と比べても圧倒的な違いを
証明しています。この性質を利用して膜厚を
調整すれば、耐傷性向上にも利用できます。
※鉛筆硬度とは異なります。鉛筆硬度は塗布した
基材の硬さに大きな影響を受けます。
 
耐久性
耐候性促進試験
基板 PHPS塗布 照射時間 結果
ウレタン塗装カラー
鋼板(ブラック)
あり 300時間 光沢あり/変色なし
なし 光沢なし/グレーに色褪せ
ポリエステル塗装
鋼板(ベージュ)
あり 光沢あり
なし 光沢なし

左の表は強い紫外線、温度、湿度による加速試験の結果で、長期耐久性に優れることが確認できます。
 試験装置  アイスーパーUVテスター
 紫外線照射強度  90mW/cu
 温度  63℃
 湿度  80%
 
基本特性
ポリシラザンコーティングの基本特性(1) ポリシラザンコーティングの基本特性(2)
基材 SUS 基材 SUS304
塗布方法 流し塗り 液種 高温焼成タイプ
乾燥条件 80℃×30分 焼付 300℃×1h
評価項目 液種(タイプ) 膜厚 1〜2ミクロン
低温 常温 試験項目 試験方法 試験結果
初期硬度 9H 6H 鉛筆硬度 鉛筆引っ掻き試験
(JIS K5400)
9H以上
耐熱性 85℃×72 外観 変化なし 変化なし 密着性 碁盤目テープ剥離
試験(JIS K5400)
100/100
鉛筆
硬度
>9H >9H 耐沸騰水性 30分煮沸
(JIS K5400)
外観変化なし
密着性100/100
耐寒性 -25℃×72h 外観 変化なし 耐酸性 5%HCl×1h浸漬 外観変化なし
密着性100/100
鉛筆
硬度
>9H >9H 耐アルカリ性 5%NaOH×1h浸漬 外観変化なし
密着性100/100
耐湿性 50℃×95%
×72h
外観 変化なし 変化なし 耐熱性 200℃×24h加熱 外観変化なし
密着性100/100
鉛筆
硬度
>9H >9H 耐冷熱性 200℃×10分加熱→
水冷1分を10サイクル
外観変化なし
密着性100/100
耐水性 60℃×24h
浸漬
外観 変化なし 変化なし
鉛筆
硬度
>9H >9H

アルコール性
エタノール含浸
ガーゼ/荷重
500g×10回
外観 変化なし 変化なし
鉛筆
硬度
>9H >9H
耐候性 スーパーUV
テスター×160h
外観 変化なし 変化なし
鉛筆
硬度
>9H >9H
 
施工効果
ポリシラザン施工効果
実験法 オイルペイントを施した木材基板へPHPSを
トップコート。耐候性促進試験機で比較。
石材基板へPHPSをコートし、
耐候性促進試験機で検証。
施工条件
基板 木材 御影石(黒)
液種 常温硬化タイプ5%液 常温硬化タイプ1%液
塗布 流し塗り スプレーガン/1〜3回塗り
硬化 常温硬化 常温硬化
耐候性促進試験
種類 スーパーUVテスター アイスーパーUVテスター
紫外線照射強度 100mW 90mW
温度 60℃ 63℃
湿度 70% 80%
時間 110時間(4〜5年に相当) 200時間(10年に相当)
結 果
OPのみ 光沢なし チョーキング発生(指に粉が付着) 1・2・3回塗り共に変化なし
OP+PHPS 光沢あり チョーキング発生せず
 

本サイトに掲載されている画像・文章・データ等は(有)エクスシアに著作権があります。
理由の如何に拘らず、無断転写・転載・複写・複製等は固くお断りします。
Copyright 2002 Exousia Inc. All Rights Reserved.