SiO2表面処理ロゴ
ポリシラザンシリカコーティング
  (PHPS)
■製品概要 -PHPSについて-
■PHPSの硬化メカニズム
■シリカ膜の密着性と構造
■シリカ膜の性能と特性
■製品・施工解説
■PHPS応用例
■PHPS施工例
アドバンストクオーツ
  ボディガラスコーティング
■親水と撥水
■コーティング剤の比較(1)
■コーティング剤の比較(2)
■ボディコーティングについて
■施工実例と効果
■バイクコーティング
施工・取扱い・ご購入案内
QGC-SHOP
■ホイールコーティングセット
お問い合わせ
会社
Polysilazane/AQUAMICA
Advanced-Quartz
Glasscoating Dealer
QGC-TOKYO
Exousia Inc.
■■■ TOP PAGE ■■■
* * * * * 防汚コーティング・ハードコーティング等の用途に、あらゆる分野での使用が可能なコーティング剤です。表面処理・表面加工でお悩みの方はぜひ1度お問い合わせ下さい! 常温で完全無機の石英ガラス(SiO2)膜に転化するポリシラザンシリカコーティング、アクアミカのことならクラリアントジャパン販売代理店/オアシス販売代理店のQGC東京へ * * * * *
PHPSの硬化メカニズム
アクアミカとは
*パーヒドロポリシラザン(Perhydro-polysilazane:PHPS)という独自物質が、大気中の水分と反応して
シリカガラスに転化することを利用しています。
アクアミカは主成分パーヒドロポリシラザン、有機溶媒、微量の触媒(常温・低温焼成タイプ)により構成
されています。
シリカへの反応
*対象物の大きさや形状に合わせて、様々な方法で塗布できます。塗布後、常温で5分程度の放置で
有機溶剤を揮発させれば、その自己架橋性の強さから、即指触乾燥状態になります。
その後、目には見えませんが大気中の水分と猛烈な勢いで反応します。
シリカガラスに転化するまでの時間は気温や湿度などの環境に左右されますが、図1に示すように平均的
な環境下では約2週間程で密度2.0の緻密なシリカフィルムとなります。
図1 塗膜密度の変化
図2にアクアミカの赤外吸収スペクトルの変化を示します。Si(珪素)、N(窒素)、H(水素)のみから構成
されるアクアミカが、Si(珪素)、O(酸素)から構成されるシリカガラス(SiO2)へ変化しています。
Si-Me(メチル)などの有機成分は一切存在せず、正真正銘の完全無機膜を形成します。
図2-A アクアミカの赤外吸収スペクトル(乾燥直後)
*ここで特徴的なことは、骨格のSi-N結合がSi-O結合に変わっていくというユニークな反応であると同時に、
基本構成単位の分子量が60/45=1.33で計算される通り、増加する点です。
この現象は膜質(硬さ)に対して有利に働きます。
図2-B アクアミカの赤外吸収スペクトル(シリカガラス転化後)
*アクアミカをコーティングすることで、様々な基材表面を1ミクロン以下という薄いガラス膜で覆うことができ、
ガラスの持つ硬さ、耐久性、親水性などを得られることができます。
これにより、汚れをプロテクトする防汚、金属の腐食を防止する防食、基材のキズを防止する防傷などの
機能を得ることができます。

本サイトに掲載されている画像・文章・データ等は(有)エクスシアに著作権があります。
理由の如何に拘らず、無断転写・転載・複写・複製等は固くお断りします。
Copyright 2002 Exousia Inc. All Rights Reserved.
QGC