Automobile & Motorcycle
アドバンストクオーツ
アドバンストクオーツ
親水と撥水
コーティング剤の比較(1)
コーティング剤の比較(2)
ボディコーティング
施工実例と効果
バイクコーティング
商品取扱いのご案内
QGC-SHOP
ホイールコーティング
お問い合わせ
トップページ
Body & parts Glass coating
アドバンストクオーツ・ボディガラスコーティング -他コーティング剤との比較など-
他の自動車用コーティング剤との比較
アドバンスト
クオーツ
ガラス系
(ガラス樹脂等)
フッソ樹脂系 一般的な樹脂
ポリマー
DIY/通販
ガラス系
耐候性
耐酸性
表面硬度
透明性
防汚性
メンテナンス
※この比較は一般論的な目安で、商品や施工方法等により内容が異なります。
自動車用コーティング剤の分析結果
アドバンスト
クオーツ
A社
ガラスコーティング
D社
ガラスコーティング
B社(DIY)
ガラスコーティング
原材料 PHPS メチルシロキサン樹脂 メチルシロキサン樹脂 メチルシロキサン
樹脂+フッソ樹脂
主成分元素 Si,N,H Si,O,C,H Si,O,C,H Si,O,C,F,H
主化学結合 Si-N,Si-H,N-H Si-O,Si-Me,C-H,
O-H,O-Me
Si-O,Si-Me,C-H,
O-H,O-Me
Si-O,Si-Me,C-H,
C-F,O-Me
硬化後主化学結合 Si-O Si-O,Si-Me,C-H,
O-H,O-Me
Si-O,Si-Me,C-H,
O-H,O-Me
Si-O,Si-Me,C-H,
C-F,O-Me
備考 SiO2 (ガラス)になる メチルシロキサン樹脂(ガラスではない) メチルシロキサン樹脂(ガラスではない) メチルシロキサン樹脂(ガラスではない)
※シロキサン樹脂:Si-O結合を主鎖とし、側鎖にメチル基(-CH3)などの有機基を持つ化合物。
More... Advanced Quartz Glasscoating
★他の"ガラスコーティング"(と呼ばれている)商品との違い
近年、「ガラス(系)」「ケイ素(系)」などの言葉を使ったコーティング(剤)が数多く販売されています。中には「完全無機質」としている商品もあるようですが、そのほとんどが珪素を樹脂バインダー等でつないで密着させている「ガラスコーティング」、つまりケイ素を原料とした合成樹脂、高分子有機珪素化合物です。
要するに、「無機物」である珪素も入っているが、何らかの有機成分が少なからず含まれている、ということです。これに対しアドバンストクォーツは、
成分そのものが化学反応を起こし純粋な石英ガラス被膜を作ります。被膜劣化の要因である有機物が一切存在しないからこそ実現できた、他の類似した商品とは全く異なる超高品質コーティング剤です。
したがって他商品と比較する場合は、成分や分子構造などの化学的な根拠を確認すれば本当に無機のガラスとなっているかどうかすぐに分かります。
また上表「自動車用コーティング剤の分析結果」で示したように、業務品・市販品(D.I.Y商品)を問わず「ガラス(系)コーティング」と謳われている商品の、ほぼすべての原材料がシロキサン樹脂であり、成分配合などに若干の差異はあるものの、根本的にはほとんど同一の商品であるということが分かります。
アドバストクオーツ・ボディガラスコーティングはF(フッ素)・Me(メチル基)などの成分を一切含まない、完全無機の石英ガラス、ピュアSiO2膜を形成します。当然「ガラス繊維」でもありません。
商品概要のページに、より詳細なクオーツ(原材料PHPS)の科学的分析結果を掲載しています。
言葉だけの「無機質」ではない、科学的な裏付けがある「正真正銘の完全無機質」であることをご確認下さい。

★表面硬度
膜そのものは非常に硬いものですが(下表)、膜厚が極めて薄いため実際の硬度は基材の影響を受けます(ボディコーティングの場合、膜厚は0.05〜0.2ミクロン程度)。
膜を厚くすることによって相当な耐キズ性を付加させることも不可能ではありませんが、補修・仕上げ(の難しさ)・コストなどの問題があり、現実的ではありません。
したがって、実際にはこれらのバランスを取りながら施工をおこなっており、擦れば傷は入ります。
洗車傷が付きにくくなる程度の硬さとお考え下さい。

(参考)ナノインデンテーション法によるコーティング膜の本質的な硬さ
コーティング剤の種類 硬度(GPa)
 アドバンストクオーツ(PHPS/常温硬化) 3.0
 A社ガラスコーティング(シロキサン:樹脂ガラス) 0.2
 アクリルハードコート 0.4

★コーティング後はなぜ汚れにくく(落としやすく)なるのか
親水性、硬度および平坦化膜としての機能からくるものです。
(1)親水作用により、水が汚れを抱え込んで流れ落ちる作用。
(2)表面硬度が上がることにより、ホコリなどの食い付きを防ぐ作用。
(3)平坦化膜として、塗料や素材表面にある微細な凹凸を埋める作用。

★ボディ(塗装面)以外への使用について
樹脂や金属などにもコーティングでき効果を発揮しますので、通常はライト周りやナンバープレートなどにも施工をおこないます。
特にホイールのコーティング効果は抜群で、ダストの焼付きなどが非常に軽減され、付着した汚れはスポンジ+水洗い程度で簡単に落とすことができます。
その性能と耐久性は競技用車輌の関係者からも絶賛されています。
QGC-SHOPでは、どなたでも簡単に施工できるDIYセットを販売しています。
クオーツの凄さをぜひご体験下さい。

★コーティング加工後のワックスや上塗剤などの使用について
クオーツ施工後はワックスや撥水剤などを上塗りしないで下さい。主な理由は次の通りです。
 (1)ワックスに含まれているコンパウンド成分がコーティング層を傷つける恐れがある。
 (2)撥水による水滴がウォータースポットやシミなどの原因となる。
 (3)ワックスや撥水剤に含まれる有機成分が汚れ・チリ・ホコリなどを引き寄せ汚くなってしまう。
Copyright Exousia Inc. 2003
*アドバンストクオーツは、PHPS自動車用最上級タイプ(QGCオリジナル)を使用したコーティングブランド名です。

本サイトに掲載されている画像・文章・データ等は(有)エクスシアに著作権があります。
理由の如何に拘らず、無断転写・転載・複写・複製等は固くお断りします。
Copyright 2002 Exousia Inc. All Rights Reserved.
QGC(TM)


PHPS ポリシラザンシリカコーティング
製品概要 -PHPSについて- PHPSの硬化メカニズム シリカ膜の密着性と構造 シリカ膜の性能と特性 製品・施工解説 PHPS応用例 PHPS施工例
アドバンストレザーコート